こんばんは☆彡鹿児島市は今日も暑いです。

我が家はとうとうエアコンを付けてしまいました( ゚Д゚)もぉ~暑くて寝れない(-_-)zzz

風邪を引かなければいいのですが・・・。

 

絵本

さて、今回も6冊の絵本の紹介をしていきます。

ノンタンシリーズの最後になります🎶すきすきノンタン(全2巻)🎶4歳からを紹介していきます。

 

f:id:yumi0731:20180519200126j:plain

ノンタン がんばるもん

 

『ノンタン がんばるもん』と『ノンタン テッテケ むしむし』の2冊になります。

ノンタン がんばるもんの絵本は、耳をけがしてノンタンは病院に❔

さて、けがした耳を治療するには、まずちゅうしゃ。

ちゅうしゃの嫌いなノンタンは❔❔❔病院は嫌だけど『がんばるもん!』読んだ子も一緒に頑張れます。

という内容になっています。(≧▽≦)🎶

ノンタンシリーズは短くて読みやすく、絵も可愛いので子どもも安心して見れます。

最近、娘は、近所のお姉ちゃん達の真似をして、ブランコを立ち乗りしようとします。

好奇心旺盛なのはいい事ですが、毎回、私は、ブランコから落ちて怪我するよ~ノンタンみたいに病院行く❔❔❔

と聞くとはっ!!としてちゃんと座ります。

何かとノンタンに助けられる場面があります。(笑)

 

 

ノンタン テッテケむすむし

 

次は、ノンタン テッテケむしむしの絵本です。

この絵本は、ノンタンがギターを弾きまくっていると、なんでも食べちゃうテッテケむしむしがあらわれて、ノンタン、ピンチに!!!

最初はう~ん娘には分かりにくい話かもと思ったのが正直な所で、何回か読んでいるうちに逃げちゃダメ!

仲間の大切さ一人で出来ないことは友達と協力してやれば出来る事。

この絵本を読んで感じました。

また、テンポが良いので娘は、楽しんでみています。内容は・・・もうちょっと大きくなればわかるはず・・。

今回で我が家にあるノンタンシリーズの紹介は終わりです。

いかがだったでしょうか❔❔❔

まだ、ノンタンシリーズで読んでいない絵本があるので、娘に合いそうな絵本を探してみたいと思います。(≧▽≦)🎶

では、次からは物語系に入っていきます。先ずはこちらの2冊です。↓↓

 

 

f:id:yumi0731:20180519202645j:plain

 

しんせつな ともだち

今の季節じゃありませんが、冬にぴったりの絵本をいくつか紹介していきたいと思います。

『しんせつな ともだち』と『エリーちゃんのクリスマス』の2冊になります。

『しんせつな ともだち』の絵本は、食べる物のない雪のある日。

1つのかぶが、うさぎからろばへ、ろばからやぎへと、友達への思いやりの心をのせて届けられていきます。

自分と同じように友達もきっと寒さに震え、お腹を空かせているだろうと心配して、雪の中かぶを届けに行くんですね。

他の動物たちも同じ気持ちで同じ事を・・・・・。

他人を思いやるやさしさに溢れたお話です。

小さい子どもには、そこまで読み取る事はできなくても、いつかこの絵本の優しさ、思いやりを感じてくれたらいいと思う絵本です。

 

冬になったら、また娘に読んでみたいと思います。

 

エリーちゃんのクリスマス

次の絵本は、『エリーちゃんのクリスマス』という絵本です。

この絵本は、犬のハリーや猫のヒラリーたちとクリスマスツリーの飾りつけをするエリーちゃん。

さあ、出来上がりと思ったら、あれ❔❔❔てっぺんに飾るお星さまがない!

エリーちゃんは、お星さまを探しに雪の中へ飛び出します・・・・。

半世紀以上前にアメリカで出版された愛らしい絵本です。

クリスマスを迎える喜びにあふれた、小さな子どもたちにピッタリの絵本です。

文字数も丁度よく、どちらかというと読みやすい絵本だと思います。

 

最後に2冊、クリスマスの絵本を紹介していきますね。こちら↓↓

 

f:id:yumi0731:20180519205048j:plain

クリスマスのふしぎなはこ

『クリスマスのふしぎなはこ』と『サンタさんからきたてがみ』の2冊、紹介していきたいと思います。『クリスマスのふしぎなはこ』の絵本は、クリスマスの朝見つけた箱を開けると、サンタさんの姿が見えました。

箱の中を見るたびにサンタさんは僕の家に近づいてきます。

クリスマスのワクワク感がいっぱいの絵本です。

また、お父さんがクリスマスパーティーで日本酒を飲んでいる姿があるのですが、日本らしい感じで笑えました(≧▽≦)🎶

文字数も多くなくこちらも読みやすい絵本だと思いました。

サンタさんからきたてがみ

最後にクリスマスの絵本は、『サンタさんからきたてがみ』です

こちらの絵本は、クリスマスの前の日、ネズミの郵便屋さんは鞄に手紙を詰め込んで配達に出かけましたが、

雪に滑って転んでしまいました。

あわてて手紙を拾い集めましたが、最後の1通の宛名が雪で濡れて分からなくなっていました。

困っていると、森の動物の仲間たちが一緒に考えてくれて、とうとうわかりました。

サンタさんからネズミさんへの手紙だったのです。

その手紙は・・・・。動物みんなで謎解きのように考える場面はとても微笑ましく、

最後のみんなでソリに乗る場面も夢があってとても素敵に感じました。

クリスマスには大活躍しそうな絵本です。

娘に買ってあげたのは2歳手前のクリスマスだったので、子守歌のように聞いていたと思いますが、

今年のクリスマスの反応が楽しみです。

 

以上、今回は、6冊の絵本を紹介してきました。

次回は、3歳、4歳以降のお子さんが楽しめる物語絵本を紹介していきたいと思います。(≧▽≦)🎶

 

おすすめの記事