おはようございます☼鹿児島市は今日も晴天(*^▽^*)

幼稚園年少の娘は泣かずにバスに乗って行けるようになりました。(≧▽≦)ひとまず安心です。

 

絵本

さて、今回紹介する絵本は、6冊です。どの絵本も心が温まる絵本となっています。

 

『ママがおばけになっちゃった!』と『だいすき ぎゅっぎゅっ』という絵本になります。

 

ママがおばけになっちゃった!

f:id:yumi0731:20180516092130j:plain

『ママがおばけになっちゃった!』という絵本は、

書店でも見られた方もいるのではないでしょうか❔この絵本は、私自身、読んでいて泣けてきます( ノД`)シクシク…

その名の通り、ママが車にぶつかって、おばけになり、おばあちゃんに育てられるお話です。

娘も、読んでと持ってきますが、中々、( ノД`)シクシク…読んであげる気が・・・・。

結構、大人が考えさせられる絵本ですね。

娘には、車には気をつけようねぇ~と話すぐらいしか正直出来ませんでした。

この絵本は、賛否両論あるみたいですね。

個人の思う所は違うので、読んでみたい方は、

まず、自分で読んでから、読ませたいと思ったら、お子さんにも読ませてあげてみては・・・・・。

 

 

 

だいすき ぎゅっ ぎゅっ

に紹介する絵本は、『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』という絵本になります。

こちらの絵本は、たっぷりの愛情がふりそそぐ絵本になっています。

朝ごはん食べた後に、ぎゅっ。(≧▽≦)絵本を読んだ後、ぎゅっ。(≧▽≦)

お散歩した後、ぎゅっ。(≧▽≦)ママが坊やを何度も抱きしめます。

愛情たっぷり子どもにふりそそぎ、この絵本読んであげると、娘も、自ら、ぎゅっ♡ぎゅ~っ♡(≧▽≦)

としてくれて心が温まりますよ。

親子のスキンシップにもなりますね。

私も娘も、大好きな絵本の一つです。私が・・・・かも知れませんが(笑)

あっ!言い忘れた事が、絵がとても可愛いんですよ(≧▽≦)是非、一度手に取ってみては❔❔❔

 

 

どうぞのいす

次に紹介する絵本は、『どうぞのいす』という絵本になります。

f:id:yumi0731:20180516094304j:plain

こちらの絵本は、ほのぼのとしたうさぎさんの絵がとても可愛く思いやりのある内容になっています。

絵本の中で次々に動物が出てくるのですが、どの動物も次の動物のことを考えているところがとってもいいです。

子供が大笑いするという面白さはありませんが、読んだ後になんだか優しい気持ちになれる絵本ですね。

この絵本は、人の事を考えて行動する事、まだまだ、娘には難しいですが、何回も繰り返して読んでいきたいです。

毎日、読むというよりは、ふとしたときなどに読んであげるのもいいかもしれないです。

以上、今回は3冊の心が温まる絵本を紹介してきました。

次回も1冊は心が温まる絵本と後、2冊は楽しい物語絵本を紹介していきますね。(*^▽^*)

 

 

 

次に紹介する3冊の絵本は、心が温まる絵本と中川ひろたかさんが書いた絵本になります。先ずは、

 

 

いちばん しあわせなおくりもの

『いちばん しあわせな おくりもの』という絵本です。

f:id:yumi0731:20180516100519j:plain

こりすとくまくんは大の仲良し。

こりすは、くまくんに贈り物で喜ばせたいけれど、くまくんは何もいらないといいます。

その理由とは・・・・・。デリケートに描かれた絵がとても美しい絵本になっています。

可愛い絵本ですよ(≧▽≦)子どもにもそして、大人の心にも響く絵本で大切な人と読みたいですね。

特別な日、パートナーの方に贈られてもいいかもしれません!

当たり前になってしまっている気持ちに気付かせてくれ、やさしい気持ちになれた絵本でした。

 

 

次に紹介する絵本は、以前お会いしたことがあり、『みんなともだち』や『世界中のこどもたちが』などを歌われている中川ひろたかさんが書いた絵本になります。

 

 

『えんそくバス』と『おしりフリフリ』の絵本について紹介していきたいと思います。

 

f:id:yumi0731:20180516102039j:plain

 

えんそくバス

『えんそくバス』という絵本は、待ちに待った遠足の日。思いっきり遊んで、さあお弁当。

そこへ寝坊してきた園長先生がやってきたのですが・・・・・・。という内容になっています。

文章はさほど多くないので、読んでいるとあっという間に終わってしまいます。

なので、ゆっくり1ページずつ味わって楽しむ事をお勧めします。

バスに乗って『みぎに まがりまぁ~す』という場所があります。

娘も、一緒になって体で表現してくれます。

絵もユニークで何回読んでも飽きない絵本だと感じました。

 

 

 

おしり フリ フリ

最後に『おしり フリ フリ』という絵本を紹介していきますね。

さみしいとき、かなしいとき、こまったときに聞こえてくる『おしりフリフリ』の歌。

歌に合わせておしりフリフリしてみたら、なんだか楽しくなってきて、元気が出てくる絵本になっています。

絵も可愛くとても楽しくなってくるし、

絵本の中で歌🎶が書かれている場面では、3歳の娘も一緒になって座って聞いていたと思ったら、ダンスし始めます(笑)

また、それが愛おしくて可愛いんですよね♡

このように、中川ひろたかさんが書いた絵本は、ユニークで子どもたちを引き付ける力を持っていますね。

日本で初めての男性保育士となって、保育士の中では知らない人はいないくらい有名な方です。

気になる方は、まだ、シリーズで沢山絵本を出されているので探してみてください。

きっとお気に入りの1冊が見つかるかもしれないです。

以上、今回は6冊の絵本を紹介しました。

 

 

 

次回もお楽しみに(≧▽≦)

おすすめの記事