こんにちは(*^^*)鹿児島市は今日は風がとても強いです。

我が家は桜島の見える高台にあるので、びゅ~びゅ~と風の音が・・・・。台風の時は怖いですが、景色に引かれまして・・・・。

って言うのはさておき、絵本の紹介に行きましょう(≧▽≦)🎶

絵本

今回紹介する絵本は6冊の3歳・4歳から読んであげるといい絵本の数々です。では、まずはこちらの絵本です。

 

f:id:yumi0731:20180521112404j:plain

あなたって ほんとに しあわせね!

『あなたって ほんとに しあわせね!』と『もうすぐおしょうがつ』の2冊になります。

『あなたって ほんとに しあわせね!』という絵本は、

お父さん、お母さん、わたしだけの家族に、ある日、弟が生まれます。

周りの大人はみんな、『あなたってほんとにしあわせね!』と言うけれど、わたしは、ちっともそうでありません。

お母さんもお父さんも、弟の事ばかり。

わたしの事なんて・・・。そんな時、とうとうお母さんが弟の世話で疲れてしまい、さりげなく口にした言葉は・・・・・。

 

という大まかな内容となっています。

娘にはまだ、兄弟が居ないのでちょっぴり理解出来ない部分があると思いますが、いつかきっと役に立つ日が・・・。

 

お兄ちゃんやお姉ちゃんになる人や、なったばかりの人に読んであげたい1冊かもしれないです。

 

 

もうすぐおしょうがつ

次に、紹介する絵本は『もうすぐおしょうがつ』という絵本になります。

この絵本は、冬休みおじいちゃん、おばあちゃんの家でお正月を迎える、ある家族のお話です。

お正月を迎える前の、日本ならではの年末の様子、こまごまとした準備の様子、

新しい年を心待ちにしている家族の様子が楽しく描かれた絵本です。

絵本に書いてある文章以外のドラマもいっぱい。

絵の隅々までじっくり見て、楽しんでもらいたい1冊になっています。

娘も、3歳手前のお正月に、餅つきをしたり、一緒に大掃除をしたり、正月には着物を着たりと、日本の文化を楽しんでいるようでした。

次に、紹介する2冊の絵本は、こちらです↓↓

 

 

 

f:id:yumi0731:20180521115232j:plain

 

ぴかくん めをまわす

 

『ぴかくん めをまわす』と『ぐりとぐらのおきゃくさま』の2冊です。

『ぴかくん めをまわす』の絵本は、読んであげるなら4歳からとなっている絵本で、

働きすぎて、目をまわした信号機のぴかくん

さあ、街は大混乱。人も自動車もごちゃごちゃになります。

ユーモアたっぷりに細かく書き込まれた絵で信号機の1日を描いた内容になっています。

信号に顔があるのは面白いですよよね。娘は、最近やっと右左・・・。信号は今、赤と興味を持ち始めました。

これから、読んでと持ってきそうな絵本になりそうです。

車が大好きなお子さんにもぴったりの絵本かもしれないです。

 

ぐりとぐらのおきゃくさま

 

次に、紹介する絵本は『ぐりとぐらのおきゃくさま』の絵本です。

この絵本は、おなじみのぐりとぐらシリーズの中の1冊で、

ぐりとぐらが雪の上に見つけた大きな足跡は、自分達の家まで続いていました。

しかも、玄関には真っ赤なコートが・・・・・・。どきどきしながら楽しめるサンタクロースの内容となっています。

動物たちとケーキを食べるところでは、ぞうやライオン、かめやかたつむりたちもいて楽しそうな様子が伝わってきます。

また、雪遊びをするぐりとぐらのマント姿はとても可愛らしいです。(≧▽≦)🎶

鹿児島市では雪が降っても、めったに積もらないので、娘は、羨ましがってこの絵本をいつも眺めています。

クリスマスシーズンに読むのにはいいかもしれないですね。

 

 

最後に紹介する2冊の絵本は、こちらです↓↓

f:id:yumi0731:20180521122554j:plain

 

バルバルさん

 

『バルバルさん』と『どうぶつサーカスはじまるよ』の2冊になります。

『バルバルさん』の絵本は、バルバルさんは床屋さん。

今日は、ちょっとおかしな事ばかりおこります。

ライオンが髪を切りに来たり、ワニが来て髪を生やしたいといったり、

ヒツジがプードル🐩犬のようにカットしてほしいときたり・・・・。とおかしな内容になっています。(笑)

大胆な構図とおしゃれな色遣いが素敵で、ずっと眺めていたいぺーじばかりです。

娘も、楽しそうにこの絵本は、見ていますね。

自分の仕事に誇りをもって、テキパキと仕事をこなし、

ハプニングにも慌てずに何でも楽しんでしまうバルバルさんの姿勢に憧れます(^_-)-☆

是非、一度読んでみて下さい。

もしかしたら、バルバルさんのファンになるかも・・・(≧▽≦)🎶

 

 

どうぶつサーカスはじまるよ

 

最後に紹介する絵本は『どうぶつサーカスはじまるよ』です。

この絵本は、ライオン、カンガルーと次々に愉快な芸が飛び出します。

ケガで空中ブランコに出られないサル君に、お客さんはブーイング。

困った司会のアザラシさん、さてどうする❔❔❔という内容になっています。

3歳の娘、先日初めて『木下大サーカス』に連れて行きました。

会場の雰囲気に感動するも、ショーの間は怖かったり、楽しかったりとハラハラドキドキしていたみたいです。

何にでも興味を示すこの時期に、サーカスが近くに無ければ、絵本だけでもハラハラドキドキしますよ。

是非、親子でハラハラドキドキしながら読んでみて下さい。

以上、今回も6冊の物語絵本を紹介していきました。

自分のお子さんなど合う合わないがあるので参考までに見ていってください。

 

 

 

では、また次回(≧▽≦)🎶

おすすめの記事